月の満ち欠けと呼び名

月の満ち欠けと、その呼び名について紹介します。

新月、朔(さく)
(1日目)陰暦一日目で月が見えない。英語では「new moon」と呼ぶことから新月と呼ぶようになった。
二日月
(2日目)日没後間もない頃に見える細い月。繊月(せんげつ)
三日月
(3日目)陰暦三日目の月。三日月の名前は多く、若月(わかづき)、眉月(まゆづき)、初月(しょげつ)など。
上弦の月
(7日目)夕方西の空に見える、半月の月。
十三夜月
(13日目)陰暦13日目の月。
子望月
(14日目)満月に近い月。十四夜、十四月、幾望(きぼう)など。
満月
(15日目)陰暦で15日目の月。望月、十五夜、天満月など。お月見をする秋の満月は「中秋の名月」。英語では「full moon」
十六夜(いざよい)
(16日目)「いざよい」とは、ためらう、ぐずぐずするの意味。満月より月の出が遅い。不知夜月(いざよいづき)、既望(きぼう)とも呼ばれる。
立待月(たちまちづき)
(17日目)日没後、月の出をたちながら待つうちに月が出る頃。
居待月(いまちづき)
(18日目)日没後、月の出を立って待つのでは長すぎるので、「居」つまり、座りながら月の出を待つ頃
寝待月(ねまちづき)
(19日目)日没後、横になって寝て待つということで、月の出がますます遅くなる頃。
更待月(ふけまちづき)
(20日目)夜が更ける頃にようやく出てくる月の頃。夜10時過ぎに月の出となる。
下弦の月
(23日目)ますます月のでは遅い。夜半過ぎまで月の出を待つ「二十三夜待ち」という風習があり、願い事がかなうとされていた。
有明月(ありあけづき)
(26日目頃)午前3時ごろ月がのぼり、「二十六夜待ち」という風習があった。
三十日月(みそかづき)
晦(つごもり)
(29日目)月が姿を隠し見えなくなる頃。晦(つごもり)は「つきこもり」が変化したもので、月が隠れて見えなくなるのでこう呼ばれた。転じて月末を「晦日」、12月末は「大晦日」というようになった。