不妊と鍼灸

不妊症には、西洋医学的な各種検査をして原因がはっきりと特定される場合、女性であれば卵管のつまり・排卵障害・着床障害、ホルモン値など、男性であれば精子の数が少ないことや、精子の運動率が悪いことなどがあります。このように検査で不妊の原因がはっきり分かる「器質性疾患」、検査をしても特に問題がない「機能性疾患」があります。

生殖医療の分野は、医療の進歩発展により「高度生殖医療」による不妊治療が多く行われるようになりました。体外受精や顕微受精のような卵子や精子、あるいは受精卵を直接取り扱う治療法(補助生殖医療、Assisted Reproductive Technologyの略でART、アートと呼ばれます)は、大変複雑で大きなストレスになります。不妊治療によるホルモン剤の使用は、副作用として「子宮内膜が薄くなる」「月経周期の乱れる」「月経量が少なくなる」など自己機能の低下がみられることが報告されています。

不妊鍼灸治療は、特に原因がはっきりしない「機能性疾患」に有効で、『内分泌ホルモンバランス調整』『骨盤内の血流改善』『免疫力アップ』『ストレス緩和』などの効果が期待できます。

当院では、中医学的にお身体を診て個人の体質を重視し施術することで、体内の環境とバランスを整えながら、高度生殖医療での治療効果をよりいっそう高めることが可能です。卵巣や子宮の働きをあげていくために、「視床下部→脳下垂体→卵巣」のコントロール系の機能を高めることで、自律神経を調整し、ホルモン分泌を高め、卵巣機能をよくし、卵の発育促進と質の向上をめざします。妊娠し易いお身体作りを目指していくことで、女性の「妊娠力、出産力」が向上すると考えます。

不妊と鍼灸治療効果

中医学的にみた不妊

不妊症は、中医学では「絶子」「不孕」と呼ばれます。

中医学における「腎」は、『先天の精』とエネルギーを持っている臓器です。精は子孫を繁栄させる、エネルギーは体を温める源です。両親より受け継いだ精のことを、『先天の精』といいます。生命の素であり、人間のさまざまな器官・組織を構成し、成長させていく素となるものです。先天の精は、人が生まれた後、「腎」に蔵し、発育・成熟・生殖という基本的な生命活動を起動させます。 後天の精(口から取り入れる食べ物による栄養)によって補給され、生きている間は枯渇することはありません。

私たちの生殖能力は、この腎によってコントロールされています。無理な労働・過度のストレス・冷えなどで、腎は消耗していき機能が低下している状態を『腎虚』と呼び、これが不妊症の原因につながります。

腎虚になると、女性では卵巣機能の低下が起こりやすくなり、卵子が育つエネルギーが足りなくなります。男性の場合、精力減退、精子欠乏症などの症状があらわれます。また、主な腎虚の症状として、腰がだるい痛い、冷え、疲れやすい、脈が細い、舌の色が淡いなどもみられます。

中医学では、それらを見極め「証」(=診断)を立てますが、不妊症においては特に問題となる主な体質は、その他にもストレスなどから気の流れが滞る「気滞」、血の流れが悪い「瘀血」、血や栄養が不足している「血虚」、気が不足している「気虚」、冷えが強い「寒滞」などがみられます。

当院では病気を診るのではなく、この個々の体質を重視し、経絡上にある有効なツボに鍼や灸を施し、経絡を流れる気・血・水(津液)の流れを改善します。そして、心身の働きや子宮・卵巣の機能を高めます。それにより、排卵障害や着床障害、冷え性、不眠、自律神経失調、不妊を伴うストレスなどを緩和、高齢不妊の体内からの若返り、卵子空胞の対策など、着床しやすい身体作りへと導いていきます。個人それぞれに合った鍼灸治療が大切だと考えます。

※ 初めて来院される方は、基礎体温表と病院での血液検査の結果・今まで受けた検査の結果をお持ちください。

鍼灸施術

不妊とストレス

不妊ストレスはとても関係があります。
妊娠を望んでいる方にとっては、ストレスは大敵です。不妊治療中はただでさえ期待と不安と焦りの繰り返しで、多大なストレスを感じてしまいがちです。
自律神経には交感神経副交感神経があり、このふたつが拮抗して作用しています。

交感神経は、恐怖や驚きなどで緊張したときや心配ごとや不安があるときに働き、身体は心臓が高鳴り、顔色が青ざめ、鳥肌がたつといった状態になります。つまり体が活動的な状態です。
副交感神経は、緊張から解き放たれたとき働き、消化・吸収・栄養補給といった体の面だけでなく、心を休ませる作用もあります。体が休息している状態です。

ストレスなど精神的な負担が大きすぎると、交感神経がつねに興奮したままの状態となり、コントロ-ル機能が低下していきます。 交感神経は優位になりっぱなしになると身体を休めていても、体の内側と心がしっかりと休むことができなくなります。また、夜更かしなど夜型の生活をしている人は生体リズムが狂いやすく、視床下部のコントロール機能が損なわれ、自律神経の基本的なリズムが乱れてしまいます。

アロマセラピーは自律神経のバランスをとるのにとても役立ちます。
鼻から吸い込まれた芳香成分(精油の分子)は、鼻腔をとおり、嗅覚受容器を刺激して脳の中枢部に送り込まれます。そこで自律神経ホルモン分泌内臓の働きの調整など身体のバランスをとる作用を果たしだけでなく、喜怒哀楽といった感情記憶なども嗅覚の影響を受けます。
ストレスで交感神経が高まっているときに、よい香り・好きな香りをを嗅ぐことで、副交感神経が優位になり、リラックス、安眠、その他に鎮静作用があり自律神経のバランスが整うのです。

日常生活の中で「香り」を取り入れて、妊娠しやすい環境づくりをしてみましょう。アロマセラピーは、香りが脳や神経系に作用して、リラックス効果をもたらすだけでなく、自律神経やホルモン、免疫系統に働きかけ体内のバランスを整えて心や体を元気にします。その日その時、心地よく感じたご自身の好きな香りを選ぶことが「ココロとカラダ」のリラクゼーションにつながり、心身を健やかな状態にしてくれます。あなたも、自分自身を癒してくれる香りを探してみませんか? その香りがあなたを癒し、こころとからだに幸せをもたらしてくれるでしょう。